打掛っていったいどんな着物なの?

人気若手女優やセレブたちが和装婚を行ったことから、にわかに注目されるようになったのが、白無垢や打掛といった様々な婚礼衣装です。格式を重んじる伝統的なスタイルの着物から、洋髪とも合わせやすい、現在的にアレンジされたタイプまで様々な婚礼衣装があります。和装婚と言っても、そのカップルごとに個性を持たせることができる時代になったんですね。伝統的な日本の花嫁のスタイルと言えば、大きな綿帽子で頭部をすっぽり覆った女性が白無垢をまとった姿がよく連想されます。しかし、和装婚は白無垢だけではなく打掛を着てもいいんですよ。打掛とは、武家の女性の礼装として誕生した和装の一種で、次第に婚礼衣装として着用されるようになった物を言います。裾を長く引きずっているタイプの、華やかな着物を連想したら分かりやすいと思います。

きらびやかな和装の花嫁姿へ変身!

打掛用の柄や刺しゅうは色々なバリエーションがあります。立体感があってゴージャス感のある金刺しゅうを施したものもいいですし、四季の花々が描かれている打掛も素敵ですよね。鶴などのモチーフをあしらったものも結婚式に着るのにふさわしいですし、伝統的な美しさを追求したいなら、枝垂桜などクラシカルな古典柄にこだわった打掛もおすすめ。裾が長い引き振袖も打掛とよく似ていますが、こちらも頭部を花嫁用の角隠しで飾ることで、挙式用に着ることが可能なんですよ。和装でもスタイリッシュな感じやクールさを出したい人は、黒引き振袖に様々な吉祥文様を描いたタイプもいいですよね。

福岡の結婚式場とは、福岡県内の結婚式場のことです。福岡県内には、駅からアクセス良好な式場が多いです。