スタンダードなAライン&プリンセスライン

ウエディングドレスの種類としてスタンダードなのはAラインタイプやプリンセスラインが挙げられます。Aラインはドレスのスカートが英字の「A」のように広がっているもので、体形を選ばず着ることができます。また、シンプルながら上品な印象があり、どの年代の女性でも美しく着こなすことができます。
プリンセスラインは、Aラインと似ていますが、スカート部分にフリルが多く、膨らんでいてよりキュートです。体形を選ばないうえ、女性らしく可愛らしいデザインなので、ウエディングドレスの中でも人気です。

スタイルに自信があるなら優雅なマーメイドライン

スタイルを活かしたドレスには、マーメイドラインタイプがあります。マーメイドラインは、膝までが体にフィットしていて、ひざ下からはスカートが広がっているデザインです。優雅で色っぽいので、スタイルに自信のある女性にはぴったりです。

やっぱり憧れるロングドレーン

ロングドレーンは、スカートの裾が後ろに大きく流れているデザインです。裾を後ろに引きずったデザインは、歩くときにスカートを持ってもらう前提のデザインです。本来は高貴な身分の女性が着るウエディングドレスデザインですので、憧れる女性も多いです。
チャペルで本格的な結婚式を挙げたいという場合には、ぜひ選びたいデザインだと言えます。

妊娠中の挙式ならエンパイアライン

妊娠中に結婚式を挙げる場合もあるでしょう。そんなときには、おなかのラインがゆったりとして体形がわかりにくい、エンパイアラインがおススメです。胸下の切り替えからスカートが流れているので、おなかに負担をかけません。

ウエディングドレスのブランドには様々なものがあります。デザイナーが一から作るオーダードレスやメーカー既製品、発祥の地でもあるヨーロッパブランドのものなど、おおまかに分けることができます。