食生活や掃除などをきちんとする

共働きが多くなると、家事も分担する家庭が多いかもしれません。でも、共働きでも家事は奥さんに任せきりの男性も多いでしょう。そんな男性が単身赴任なったらどうなるかです。食事や洗濯、掃除などを奥さん任せにしていると、いきなり一人で暮らすようになってもできません。食事は外食やコンビニ食、インスタント食品などが増えてしまいます。栄養が偏りがちになり、病気になるかもしれません。洗濯や掃除も大事です。どちらも清潔に保つには必要ですが、怠れば汚れやほこりなどが家の中に広がります。これも病気につながります。食事さえきちんととれていればいいと思う人はいますが、すべての家事をきちんとこなさないと体調不良につながるので注意しましょう。

お金の管理に甘くならないようにする

各家庭でお金の管理者は異なります。専業主婦が家計を守っている家庭なら、奥さんが夫から給料を受けてきちんと管理をしてくれるでしょう。夫には必要に応じたお小遣いを渡し、それで生活してもらいます。夫は少ないと言いながらもなんとかそのお金でやりくりします。単身赴任になるとどうなるかですが、当然今までのお小遣いのお金ではやっていけません。ですからこれまでよりも自由に使えるお金が増えます。本来は生活費と外食費などに使わないといけませんが、お金の管理が甘くなって浪費してしまう人がいます。もらったお金を何に使うのかをきちんと決めて管理をしなければいけません。浪費癖が付くと、単身赴任から戻ったときにも苦労する可能性があります。

一定期間だけ家族と離れ、一人で生活する単身赴任。そんな単身赴任の家具は、初期費用や終了時の手間を考え、レンタル等で調達するというのもお薦めです。